ブログの説明

絵本・児童書の専門書店です。小さいカフェもあります。

絵本と楽しいひとときを過ごしましょう。素敵な絵本をご紹介します。大切な人とご一緒に、あるいはお一人でも。あなたにぴったりの絵本が見つかりますように!

2018年2月14日水曜日

【本の紹介】もういいかあい? はるですよ(ちいさなかがくのとも2018年3月号)




 公園の紅梅が匂い、道端に小さな花が咲く。春の気配が少しでも感じられると、春がいっそう待ち遠しくなります。
 この絵本に描かれているように、山の木々や草も春を待ち焦がれているのでしょう。でも、春はこっそりとやってきます。
 カエデのこずえで膨らんだ木の芽が「もう いいかあい?」と聞きました。山は最初、「まあだだよお」とつれない返事。雪が解けて「ちょろちょろ さらさら」と谷に向かって流れていくころ、「もう いいよお」と応えます。それから春は一気呵成にやってきます。
 雪景色のとき、山は静かに眠っていたようです。春の訪れとともに目を覚まし、だんだん元気になります。山は新緑の葉とサクラの花で色づきます。お花見にやって来た人たちもいます。さあ、「はるですよ」!(店主)

もういいかあい? はるですよ(ちいさなかがくのとも2018年3月号)
富安陽子 ぶん
松成真理子 え

福音館書店
2018年3月1日発行
本体389円+税

0 件のコメント: