ブログの説明

絵本・児童書の専門書店です。小さいカフェもあります。

絵本と楽しいひとときを過ごしましょう。素敵な絵本をご紹介します。大切な人とご一緒に、あるいはお一人でも。あなたにぴったりの絵本が見つかりますように!

2018年5月24日木曜日

ビブリオパドルに参加しました!




 ビブリオパドルに参加しました。東京・国分寺市の絵本・児童書専門店の「おばあさんの知恵袋」に23日、絵本好きの仲間が集いました。参加者がテーマに沿った絵本を持ち寄り、紹介し合います。今月のテーマは「わくわくすること(もの)」でした。参加者は8人でした。
 私が取り上げた絵本は「サンドイッチ サンドイッチ」(福音館書店)です。サンドイッチのつくり方を、一つひとつ手順を追って丁寧に描きます。ふわふわパンを用意して、バターをたっぷり塗ります。まずレタスをのせて、次は真っ赤なトマト。それから、チーズにハムにゆで卵。読む人をわくわくさせながら、豪華なサンドイッチが完成します。
 今回取り上げられたそのほかの絵本は、「はじめてのキャンプ」(福音館書店)、「どろぼうがっこう」(偕成社)、「しりとり(こどものとも2018年6月号)」(福音館書店)、「よかったねネッドくん」(偕成社)、「ほしのはなし」(ポプラ社、品切)、「ハンダのびっくりプレゼント」(光村教育図書、絶版)、「The Book with a Hole」(Tate)でした。
 今回も個性的な絵本がそろいました。「ほしのはなし」は、ページが横、そして縦に広がり、両手で持ちきれないほどの大きさになります。夜空の広さが1枚の大きな紙で表現されています。通常のスタイルを逸脱したこの絵本の作者は北野武。残念ながら、現在品切になっているようです。「The Book with a Hole」は英語版が紹介されました。本を開くと大きな穴があります。その穴を中心に描いた、遊び心いっぱいの絵本です。(店主)

0 件のコメント: