ブログの説明

絵本・児童書の専門書店です。小さいカフェもあります。

絵本と楽しいひとときを過ごしましょう。素敵な絵本をご紹介します。大切な人とご一緒に、あるいはお一人でも。あなたにぴったりの絵本が見つかりますように!

2018年1月5日金曜日

【本の紹介】チョウのふゆごし(かがくのとも2018年2月号)



 春から夏、そして秋まで、公園ではチョウが飛び交います。でも、冬になるとその姿を見ることはほとんどありません。冬の間、チョウはどうしているのでしょう。
 チョウはいろいろな姿で冬を越すようです。この絵本の「作者のことば」によると、幼虫で冬を越す種類がもっとも多く、次いで蛹と卵がほぼ同じくらい。成虫のまま過ごすチョウは少数派です。
 今、まさに季節は冬。この絵本を手がかりに、公園に出かけてチョウを探してみましょう。外は冷たい風が吹いているかもしれませんが、どんな姿のチョウが発見できるか、とてもワクワクした気持ちになれます。
 扉のページを見て、まるで私たちの地元、習志野市の香澄公園のようだと思いました。身近にある自然の楽しみ方を教えてくれる絵本です。(店主)

チョウのふゆごし(かがくのとも2018年2月号)
井上大成 ぶん
松山円香 え

福音館書店
2018年2月1日発行
本体389円+税

0 件のコメント: