ブログの説明

絵本・児童書の専門書店です。小さいカフェもあります。

絵本と楽しいひとときを過ごしましょう。素敵な絵本をご紹介します。大切な人とご一緒に、あるいはお一人でも。あなたにぴったりの絵本が見つかりますように!

2023年12月30日土曜日

【ご挨拶】よいお年をお迎えください!




 今年2023年の営業は12月30日(土)で終了します。1年間支えてくださったみなさまに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 世界を見渡せば、2つの戦争は依然終わる気配を見せません。命を奪い合うこと、傷つけ合うことは、もう止めましょう。世界の平和を心から願っています。

 来年2024年の営業は1月3日(水)から開始します。3日の営業は午後3時まで。1月4日(木)から通常通りの営業となります。

 どうぞよいお年をお迎えください。(店主)

2023年12月29日金曜日

【本の紹介】犬ずもう




 犬がじゃれあう姿は微笑ましい。と思っていたあなた、そこに野生の片鱗を見出し、驚かされることになるかもしれません。そんな犬たちの姿を描いた絵本です。

 初めは楽しそうにじゃれあっていた2匹の犬ですが、だんだん熱を帯びてきて本気度が高まります。ほら、目つきも変わってきました。すっかり野生の姿を取り戻したようですが…。

 仲良しの犬同士が激しくじゃれあう遊びを「犬ずもう」というそうです。別名「わんプロ」ともいうそうです。わんプロとは「わんわんプロレスごっこ」のことです。遊びとはいえ、内に秘めていた野生を解放する貴重な機会なのでしょう。

 人間が一番親しんできたペットは犬かもしれません。この絵本で犬への理解をさらに深め、よりよい関係を築きましょう。(店主)


犬ずもう

最勝寺朋子


めくるむ

2023年11月発行

定価本体1,800円+税

2023年12月26日火曜日

【本の紹介】エーディトとエゴン・シーレ




 一人の画家と、その妻との人生を描きました。二人は決して長いときを一緒に過ごしたとはいえなかったようです。

 出会い、そして愛し合うようになった二人。やがて戦争が始まり、急ぎ結婚しますが、画家は兵隊として旅に出てしまいます。それでも二人は深い愛情で結ばれていました。

 画家は戦争から戻り、喜びのときを取り戻します。でも、やがて病に襲われ、高熱に震えながら、二人はともに未知の世界に旅立っていくのでした。画家の名前はエゴン・シーレ。妻の名前はエーディト。エーディトがスペイン風邪にかかり、エゴンの子どもを宿したまま亡くなると、その3日後にエゴンも28歳の生涯を終えました。

 色彩がとても美しい絵本です。強烈な個性を発揮した画家の人生に思いを馳せることができるように思います。日本では2023年の冬から春にかけて「エゴン・シーレ展」が開催されていました。見逃したことがとても残念です。(店主)


エーディトとエゴン・シーレ

ハリエット・ヴァン・レーク 作

野坂悦子 訳


朔北社

2023年1月30日発行

定価:本体1500円+税

【お知らせ】年末年始の営業時間




 くわのみ書房の年末年始の営業時間について、以下の通りお知らせします。2024年1月4日(木)から通常営業となります。


2023年

12月26日(火) 午前11時〜午後6時

12月27日(水) 午前11時〜午後4時

12月28日(木) 臨時休業

12月29日(金) 午前11時〜午後6時

12月30日(土) 午後2時〜午後6時ま

12月31日(日) 定休日


2024年

1月1日(月) 定休日

1月2日(火) 臨時休業

1月3日(水) 午前11時〜午後3時

2023年12月23日土曜日

【本の紹介】ひと粒のチョコレートに




 チョコレートがもっと好きになる絵本です。チョコレートは自然の力と人の技術が組み合わさってできた奇跡のお菓子だったのです。

 チョコレートは不思議なお菓子です。かたいのに、口に入れるとすぐにとけて、甘くてちょっと苦みのある味が、口いっぱいに広がります。

 チョコレートはカカオという植物の種に含まれている油でできています。カカオの油の特徴は、約25度以下ではかたい結晶になるのに、人の体温に近い温度ではとけてしまうこと。だから、チョコレートを食べると、口の中で結晶がとけて液体になり、そこに含まれていた砂糖やミルクなどの甘さと香りが楽しめるという訳です。

 ただ、カカオの油がチョコレートになるまで、多くの工夫を必要とし、長い時間がかかりました。この絵本は、ひと粒のチョコレートにとけ込んだ私たちの歴史も解き明かしてくれます。

 この絵本は「たくさんのふしぎ」2021年4月号として発行されました。挿絵を追加し、表紙の絵を新たに描き下ろしてハードカバー化されました。(店主)


ひと粒のチョコレートに

文 佐藤清隆

絵 junaida


福音館書店

2023年10月5日発行

定価2,200円(本体2,000円+税10%)

2023年12月22日金曜日

【本の紹介】ぼくのサビンカ




 少年と猫の何気ない一日を描いた絵本です。猫と一緒に過ごす時間の中で、少年は自らの成長を感じ取っているようです。

 猫の名前は「サビンカ」。もう子猫とはいえないけれど、大人の猫という訳でもありません。

 朝、サビンカは起きたら伸びをします。背中を丸めて、腰を伸ばして、お尻を持ち上げて、最後にニャーと鳴くのがお決まり。毎日いつものように過ぎていきますが、今日初めてできたこともあります。少年は自分で靴紐が結べるようになりました。「やった!」

 柔らかなタッチの絵で、少年と猫の日常を生き生きと描きます。でも、サビンカには少年が知らないこともあるようです。さて、それは…。(店主)


ぼくのサビンカ

ラデック・マリー 文

出久根育 絵・訳


ブロンズ新社

2023年6月25日発行

定価:本体1400円+税

2023年12月21日木曜日

【ご案内】村上春樹の絵本を読む会 vol.7




 くわのみ書房は「村上春樹の絵本を読む会 vol.7」を1月19日(金)に開催します。作家・村上春樹が提供する絵本の世界に旅立ちましょう。

 村上春樹は翻訳家として多くの絵本を手がけています。今回はその中から、今年2023年に出版された『世界で最後の花 絵のついた寓話』(ポプラ社)を一緒に読んでみたいと思います。飲み物とお菓子付きです。お気軽にご参加ください。


■読む本:

『世界で最後の花 絵のついた寓話』(ジェームス・サーバー、村上春樹訳、ポプラ社)


■日 時:2023年1月19日(金)午後5時~6時

■会 場:くわのみ書房

■参加費:500円 ※飲み物とお菓子付き

■定 員:4人


〈お問い合わせ・お申し込み〉くわのみ書房

電話:047-419-3567

電子メール:mulberrybookstore@gmail.com

(Facebook、Instagramでも受け付けます)

2023年12月20日水曜日

【本の紹介】ゆきのひ




 雪の日が待ち遠しくなる絵本です。雪の中をそりで進めば冒険が始まります。

 寒い朝、子どもが目覚めると雨が降っていました。こんな日は憂鬱で何もする気が起こりません。でも、おじいちゃんは「とくべつなことを しよう」といって、その準備に取り掛かります。

 いろいろな材料や道具を買って、図面も引きました。そうして出来上がったのはそり。雨は雪に変わり、さあ出発だ! おじいちゃんと子どもは街中を進みますが、迷子の犬を探していると、いつの間にか雪で覆われた岩山にたどり着いていました。二人は無事帰ることができるのでしょうか。

 いつもと違う素敵な一日を雪が引き寄せてくれました。おじいちゃんは朝の雨が雪になることを知っていたのかな?


ゆきのひ

サム・アッシャー 作・絵

吉上恭太 訳


徳間書店

2023年10月31日発行

定価:[本体1700円]+税

2023年12月19日火曜日

【本の紹介】コグニのはじまり




 一人の子どもが生まれる前、おかあさんのおなかの中で過ごしたときのお話です。混沌とした世界で、子どもは自ら誕生の準備を始めるようです。

 白い霧が立ち込める中、迷子の子どもが一人。名前は「コグニ」といいます。迷子のようでも、コグニはちっとも怖くありませんでした。

 コグニは霧の中を歩き始めます。何か足りないような気がしてきて、気持ちがぐにゃぐにゃしてきました。やがて川を見つけます。少し心が落ち着いたようです。川は大きな池につながり、そこでオトコノコと出会います。

 池は、オトコノコが小石を積み上げ、川の水を堰き止めてつくったものでした。でも、一体何のために…。命の誕生に思いを馳せ、子どもの笑顔がいっそう愛おしくなる幼年童話です。今、テレビのニュースでは戦争の映像が多く流れています。傷ついた子どもの姿は、もう見たくありません。(店主)


コグニのはじまり

いとうひろし


あすなろ書房

2023年7月30日発行

定価(本体1,200円+税)

2023年12月15日金曜日

【本の紹介】なんのおと?




 子どもには音で感じる世界があることを教えてくれる絵本です。リズミカルな文章と、生き生きとした動きを見せる絵の組み合わせで楽しい気分を盛り上げます。

 お散歩に出かける子どもがいます。笑顔いっぱいの「りんちゃん」です。

 何か聞こえてきます。「とことこ ぴっぴっ」って、何の音? それはりんちゃんの靴の音。くまさんの形をしたかわいい靴です。

 お散歩のおともをするぞうさんのバケツやうさぎの風船、あひるのおもちゃからも、いろいろな音が聞こえてきます。「ぽぽぽぽ ぽぽん」と聞こえてきたのは、野原のたんぽぽが咲く音。たんぽぽが歌っているようですね。(店主)


なんのおと?

さく こがようこ


瑞雲舎

2023年5月1日発行

定価:本体1200円+税

【本の紹介】サンタさんは どうやって えんとつを おりるの?




 永遠の謎に挑戦する絵本です。果たして、サンタさんにまつわるいろいろな疑問を解くことはできるのでしょうか?

 身体が大きいサンタさんは、どうやって細い煙突を降りて家の中に入ってこれるの? これが最初の疑問です。疑問解決の決定打はなかなか見つかりません。

 そもそも、煙突の無い家にはどうやって入るのだろう? 2番目の疑問がこれ。また、家に入れても、犬が居たらどうするのか、暗い部屋でも目が見えるのか、いろいろ疑問は絶えません。

 疑問は疑問として、とにかくサンタさんは、クリスマスには来てくれます。よい子のみなさん、疑問が解けなくても大丈夫! 絵はどこかユーモラス。子どもも大人も楽しめる絵本です。(店主)


サンタさんは どうやって えんとつを おりるの?

マック・バーネット 文

ジョン・クラッセン 絵

いちだいづみ 訳


徳間書店

2023年10月31日発行

定価:[本体1700円]+税

2023年12月14日木曜日

【本の紹介】クリスマスマーケット〜ちいさなクロのおはなし〜




 街の広場のマーケットで出会った捨て犬と子どものお話です。クリスマスには素敵な出来事が起こります。

 12月になると、街の広場にマーケットがたちます。クリスマスに向けて、大勢の人たちでにぎわいます。

 広場のクリスマスツリーの下に真っ黒な子犬が捨てられていました。クロと名付けられ、マーケットの人たちに可愛がられます。ある日、マーケットで、女の子が大事にしていた犬のぬいぐるみを落としてしまいました。さあ、クロの大活躍が始まります。

 マーケットの人たちはみんな優しい。その優しさの中で、クロと女の子は、より深いつながりを見出します。この絵本の優しさが世界中の人々に広がっていくよう祈ります。(店主)


クリスマスマーケット〜ちいさなクロのおはなし〜

降矢なな 文・絵


福音館書店

2023年10月5日発行

定価1,650円(本体1,500円+税10%)

2023年12月12日火曜日

【本の紹介】うさぎのおとうさんが かった へんなくるま(こどものとも年少版2024年1月号)




 形の変化を楽しむ絵本です。車がオノマトペに合わせていろいろな形に変化します。

 「ぷっぷっぷー」と軽快に走り始めたと思ったら、「ぴっぴっぴー」と縦長に背伸びしています。また「ぷっぷっぷー」と走り出して、今度は「ぺっぺっぺー」と横長に平べったくなりました。

 日本語のオノマトペは不思議です。単純な音の表現で多種多様な情景が浮かび上がります。しかも、その情景を瞬時に変化させることができます。この絵本はその特長をとても上手に使っています。

 それにしても最後の変わりぶりにはびっくりさせられます。こんな変な車が本当にあったら楽しいですね。(店主)


うさぎのおとうさんが かった へんなくるま(こどものとも年少版2024年1月号)

へんみあやか さく


福音館書店

2024年1月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

2023年12月9日土曜日

【本の紹介】ーいっしょに いきるー ヤドカリとイソギンチャク




 ヤドカリとイソギンチャクの助け合いを描いた絵本です。海の中で2つの生き物はどうやって助け合って生きているのでしょう。

 イソギンチャクは普段、岩にくっついて生活しています。ヤドカリはそのイソギンチャクを自分の殻に付けてまうことがあるそうです。

 イソギンチャクはヤドカリにくっついていると、食べ物のあるところに連れて行ってもらったり、ヤドカリの食べ残しを食べたりすることができます。一方、ヤドカリはイソギンチャクの毒針で身を守ってもらうことがあります。ヤドカリとイソギンチャクは「お互い様」で一緒に生きているのです。

 付録に掲載されている「作者のことば」によると、別々の生物が同じところでお互いに利益を得ながら生活していることを「相利共生」といいます。実は、ヤドカリは空腹になると共生しているイソギンチャクを食べてしまうこともあるそうです。つまり、イソギンチャクはヤドカリの非常食にもなるということ。人間が考える「美しい助け合い」とは、ちょっと違う側面もあるようです。


ーいっしょに いきるー ヤドカリとイソギンチャク(かがくのとも2024年1月号)

大村文乃 ぶん・え


福音館書店

2024年1月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

【本の紹介】ふうふう おいしいね(こどものとも0.1.2. 2024年1月号)




 寒い季節、小さい子どもが温かい食べ物を「ふうふう」していただくようすを描きます。食事の楽しさを子どもと共有できる絵本です。

 コーンスープにうどん、ほかほかごはんにこんがりハンバーグ。絵本の子どもは、スプーンやフォークを上手に使って「ふうふう」しています。

 自分で食べられるようになった子どもの喜びも伝わってきます。本気で食事に向き合う子どもの姿が微笑ましい。この絵本には子どもの成長も描かれていると思います。

 温かい食べ物は、体だけでなく心も温めてくれます。最後の見開きページの満面の笑顔。何を食べているのかな? (店主〕


ふうふう おいしいね(こどものとも0.1.2. 2024年1月号)

たしろちさと


福音館書店

2024年1月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

2023年12月7日木曜日

【本の紹介】すもうとりのでし(こどものとも2024年1月号)




 とても楽しいお話の絵本です。まさかの展開にびっくりします。

 動物園の近くに、親方と弟子の二人しかいない小さな相撲部屋があります。なかなか強くならない弟子を強くするにはどうしたらよいかと考えた親方。動物園の動物に稽古をつけてもらえるよう頼むことにしました。

 飼育員のおにいさんが動物たちを連れてきますが、弟子はどの動物ともよい稽古ができません。こうなったら自分がやるしかないと、おにいさんが立ち上がります。稽古の相手を始めたおにいさんの強いこと強いこと。やがて仲良しになった弟子とおにいさんですが…。

 くわのみ書房がある千葉県習志野市にも阿武松部屋という相撲部屋があります。見学できる機会があれば、ぜひ行きたいと思います。(店主)


すもうとりのでし(こどものとも2024年1月号)

ねじめ正一 文

大高郁子 絵


福音館書店

2024年1月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

2023年12月6日水曜日

【本の紹介】おせち(こどものとも年中向き2024年1月号)




 華やかな表紙の絵に魅入ってしまいます。お節料理の絵本です。読む前からワクワクしてしまいます。

 写真と見紛うほど精緻に描いた絵が見事です。リズミカルな楽しい文章で、一つひとつの料理を解説します。

 お節料理には、それぞれ意味があります。そこには昔からの人々の願いが込められています。人々の望みが託された料理を味わう。何と豊かな文化でしょう。

 ただ、そう思うようになったのは、付録の「作者のことば」にあるように、私も大人になってから。どうぞこの絵本を読んで、家族みんなでお節料理をいっそう楽しんでください。(店主)


おせち(こどものとも年中向き2024年1月号)

文・絵 内田有美

料理 満留邦子

監修 三浦康子


福音館書店

2024年1月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

【ご案内】子どもの本のろうどく会 vol.11

   くわのみ書房は「子どもの本のろうどく会 vol.11」を開催します。くわのみ書房のスタッフが「子どもに語る グリムの昔話」シリーズ(こぐま社)の中から選んだお話を声に出して読みます。子どもだけでなく、大人もきっと楽しめます。どなたもお気軽にご参加ください。 ■日 時:202...