ブログの説明

絵本・児童書の専門書店です。小さいカフェもあります。

絵本と楽しいひとときを過ごしましょう。素敵な絵本をご紹介します。大切な人とご一緒に、あるいはお一人でも。あなたにぴったりの絵本が見つかりますように!

2022年11月29日火曜日

【本の紹介】名前のチカラ(たくさんのふしぎ2022年12月号)




 私たちは普段生活する中で、名前の大事さを意識することはほとんどありません。でも、名前は私たち人間が発明した中でもっとも大事なものかもしれません。名前がどんなに大事なものか、この絵本を読んで考えてみましょう。

 名前があれば、実物が目の前に無くても、それがどういうものか他人に伝えることができます。名前はその場にないものを簡単に表現できる便利なもの。人は名前を使って、他人が考えることを理解しているのです。

 実体が無いものにも名前を付けることができます。名前が付くことで、実体が無くても、他人とそれを共有することができるのです。「喜び」や「怒り」「哀しみ」などの感情がそれに当たります。そのほか、「明日」や「誕生日」「お祝い」「予定」なども、とくに実体がある訳ではありませんが、名前が付くことで私たちは具体的にイメージすることができます。

 名前が付くと「無いもの」が「有るもの」に変わってしまうことにはびっくりします。建物の大きさが制限されている地域では、もともと何も無い空間が「空中権」という名前を付けられて取り引き対象にされたりしています。「名前のチカラ」は私たちが思っていたよりもすごいみたいです。(店主)


名前のチカラ

文・絵 クリハラタカシ

ゲスト講師 三土たつお


福音館書店

2022年12月1日発行

定価770円(本体700円+税10%)

2022年11月26日土曜日

【本の紹介】くっつける はなす(かがくのとも2022年12月号)




 子どもたちも使う身近なものを使って「くっつける」と「はなす」仕組みを調べてみた絵本です。その巧みな仕組みに誰もが感嘆するでしょう。

 あらためて考えると、私たちはくっつけるとはなすという相反することを、いとも簡単に行っています。簡単でなければ、私たちの生活はかなり煩雑なものになってしまいます。

 例えば、ワイシャツを着るときは、右側と左側をくっつけます。脱ぐときは、はなします。くっつけるとはなすが簡単にできるのはボタンがあるから。ボタンは私たちは毎日の着替えを簡単にしてくれます。

 でも、ボタンではうまく行かない場合もあります。隙間ができて困ることがあるからです。隙間を作らせないためにはチャックという仕組みがありました。くっつけるとはなすには、そのほかいろいろな仕組みがあり、私たちの生活を便利にしてくれています。(店主)


くっつける はなす

百木一朗 さく


福音館書店

2022年12月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

くわのみ書房オリジナル絵本トートバッグ、再入荷しました!




 くわのみ書房の店舗の図柄をあしらったトートバッグが再入荷しました。気軽に使える当店オリジナルのトートバッグです。

 イラストは消しゴムはんこで描きました。とてもキュートな仕上がりです。

 小さいサイズは絵本の「ぐりとぐら」が余裕を持って入ります。大きいサイズは持ち手が長く、肩掛け利用もできます。

 幅広い用途にお使いいただけます。普段使いのサブバッグにぜひどうぞ!(店主)


くわのみ書房オリジナル絵本トートバッグ

縦33cm×横26cm(マチはありません)

本体価格900円(税込990円)


くわのみ書房オリジナル絵本トートバッグ(大)

縦35.5cm、横34.5cm、マチ10cm

本体価格1100円(税込1210円)





パズルを販売します!





 絵本から生まれたジグソーパズルやタングラムパズルを販売します。クリスマスプレゼントやお正月のお年玉にいかがでしょう。

 林明子さんの3冊セットの絵本『クリスマスの三つのおくりもの』の中の『サンタクロースとれいちゃん』や、『ぞうくんのさんぽ』『からすのパンやさん』『はらぺこあおむし』のイラストを使ったジグソーパズルを揃えました。

 タングラムパズルは『はらぺこあおむし』のイラストを使った「はじめての木製タングラムパズル」です。「あそびかたブック」も付いています。

 人気の絵本のキャラクターと一緒に遊べます。パズル遊びで絵本の世界をさらに広げましょう。(店主)


林明子クリスマスパズル 本体価格527円(税込580円)

からすのパンやさんピクチャーパズル 本体価格524円(税込576円)

はらぺこあおむしピクチャーパズル 本体価格524円(税込576円)

はらぺこあおむし エリック・カール はじめての木製タングラムパズル 本体価格1800円(税込1980円)

クリスマスの刺しゅうカードが入荷しました!




 くわのみ書房ではクリスマスに向けた刺しゅうカードを販売します。1枚1枚丁寧に手づくりした刺しゅうカードです。

 描かれているのは、サンタクロースやクリスマスツリー、クリスマスキャンドルなど。それぞれ同じものはない、1枚だけのカードです。

 ちょっと特別なクリスマスカードになります。大切な人にクリスマスのメッセージを届けましょう。

 そのまま飾っても素敵なカードです。写真で紹介するカード以外にもたくさん用意しました。(店主)


手づくり刺しゅうカード


550円(税込)



2022年11月19日土曜日

作家の德野有美さんをゲストに茶話会を開催します!



米定員に達しました。参加お申し込みを締め切らせていただきます。 


 くわのみ書房は、作家の德野有美さんをゲストにお招きして「子どもの本の茶話会」を開催します。德野さんは2022年6月に『リトル・ゾンビガール』(NHK出版)を出版。ゾンビの少女と人間の少年が分断された社会をつなぐ物語は、子どもが楽しめるだけでなく、大人にも大切な何かを伝えます。

 今年2022年、NHKみんなのうたミュージカル『リトル・ゾンビガール』が東京・日生劇場のほか全国各地で公演されました。このミュージカルの脚本を書いたのが德野さん。小説の『リトル・ゾンビガール』はミュージカル作品の内容をさらに掘り下げ、オリジナリティ豊かな児童文学作品に仕上げました。

 德野さんは習志野市在住の作家です。脚本家・構成作家としても活躍中。テレビのバラエティ番組などを手がけ、代表作にNHK「となりのシムラ」があります。今回の茶話会では主に『リトル・ゾンビガール』執筆にまつわるお話をたっぷりお聞きします。

 会場は京成大久保駅近くのカフェギャラリー、Art Space Cafe PaPa(アートスペース カフェパパ) です。美味しいケーキとコーヒー、紅茶をいただきながら、德野さんと楽しい懇談のひとときも楽しめます。どうぞお気軽にご参加ください。(店主)


■ゲスト:德野有美さん(作家)

■日 時:2023年1月15日(日)午後2時~4時

■会 場:Art Space Cafe PaPa(アートスペース カフェパパ、https://cafepapa.info)

■参加費:2000円 ※ケーキセット付き

■定 員:10人


〈お問い合わせ・お申し込み〉

電話:047-419-3567

電子メール:mulberrybookstore@gmail.com

(SNSでも受け付けます)

2022年11月18日金曜日

来年も楽しめます! 「ペペペ日めくりカレンダー 2023」が入荷しました!!




 一日をほがらかにする「ペペペ日めくりカレンダー」。くわのみ書房で2023年版も販売します。

 くわのみ書房店内ですっかりお馴染みのペペペ日めくりカレンダー。毎日、テーブルのかたすみで「日々野家」の生活を伝えます。

 渡邊知樹さんのイラストに誰もが癒されます。肩肘はらず一日を始めましょう。

 千葉県内の取り扱い店舗はくわのみ書房だけ。すでに在庫僅少です!(店主)


※完売しました。


ペペペ日めくりカレンダー 2021 BOXセット

渡邊知樹


3400円(税込)






「おうえんカレンダー2023」が再入荷しました!




 くわのみ書房に「12人の絵本作家が描くおうえんカレンダー2023」が再入荷しました。品切になっていましたが、追加販売します。1部1100円(税込)です。

 2011年発生の東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故の影響から子どもたちを守ろうという趣旨で作られたこのカレンダー。12人の絵本作家が作品を提供しています。

 今回、作品を提供した12人の絵本作家は、村上康成、酒井駒子、鈴木邦弘、荒井良二、どいかや、吉田尚令、あおきひろえ、降矢なな、市居みか、堀川理万子、出久根育、長谷川義史のみなさん。「カレンダー原画展」もすでに始まっています。

 カレンダーの販売収益は、被曝から子どもたちを守るための活動をしている団体に寄付されます。詳しい情報は一般社団法人応援カレンダープロジェクトのウェブサイト(http://12ehoncalendar.com)をご参照ください。(店主)

2022年11月16日水曜日

【本の紹介】バーティともみのき(こどものとも年中向き2022年12月号)




 クリスマス前の今の時期にぴったりのお話です。おばあちゃんを思いやる子どもの優しい気持ちに触れて、心があたたかくなります。生き生きと描かれた絵もお話にとてもよくマッチしています。

 ウサギのバーティは森の奥で暮らすおばあちゃんの家に行きました。何かお手伝いをしたいと思っていましたが、今はとくに何もなさそうです。でも、おばあちゃんは、大きくなって窓を塞ぐようになってしまったもみの木を切ってほしいと思っていました。

 大きな木を切り倒すことなんて、とてもバーティに頼める仕事ではありません。そこでバーティは、ほかの誰かに頼めないか尋ねて回ることにします。なかなか引き受け手が見つからず、しょんぼりするしかないバーティ。フクロウのおじさんが声をかけてくれました。「にんげんに きってもらうのは どうだろう」。

 フクロウのおじさんは、毎年雪が降ると、人間がもみの木を切りに来ることを知っていたのです。さて、どうしたらおばあちゃんの家のもみの木を人間に選んでもらえるのでしょう。バーティは友だちにも助けてもらい、おばあちゃんの願いを叶えます。もちろん、切り取られたもみの木は、人間の家でクリスマスツリーになりました。(店主)


バーティともみのき

きたむらえり 文

アヤ井アキコ 絵


福音館書店

2022年12月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

2022年11月15日火曜日

【本の紹介】いってみたいな(こどものとも年少版2022年12月号)




 ページをめくるたびに子どもたちの歓声が聞こえてくるような絵本です。素敵なお店が次から次へと紹介されます。

 最初のお店は植木鉢のお花屋さん。屋上に大きなパンジーが咲いています。牛乳パックのミルク屋さんにはいつも新鮮なミルクが用意され、ジャングルのくだもの屋さんにはお猿さんが採ってくる採れたてバナナが並びます。

 ちょっと怖いのが、ガイコツ島の古道具屋さん。沈没船から引き上げた品物を売っています。店員さんはみんなガイコツ!

 絵は全て色鉛筆で描いたそうです。優しく鮮やかな色彩にウキウキします。こんなに自由で伸びやかな世界を見せてくれた作者に感謝の気持ちを伝えたいと思います。(店主)


いってみたいな(こどものとも年少版2022年)

たむらしげる


福音館書店

2022年12月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

2022年11月12日土曜日

【本の紹介】ゆきのたんじょうび(こどものとも2022年12月号)




 雪の日のファンタジーを描いた絵本です。真っ白な雪が降り始めると、私たちの世界はそのまま別世界に移ろい、新しい物語を生み出します。

 今日はミチくんの誕生日。おかあさんは白い生クリームでできた雪の森のケーキを買ってきてくれました。そこにはチョコレートのくまくんとりすちゃんもいます。

 外は雪が降っています。ミチくんが生まれた日も雪が降っていました。ミチくんはふと思いついて、ケーキを出窓に置いてみます。まるでケーキの上に雪が降っているように見えます。気がつくとミチくんは、雪の森のケーキの世界に入り込んでいました。くまくんとりすちゃんは、ミチくんを森の仲間たちのところに連れて行ってくれました。

 雪への憧れから楽しいお話が紡ぎ出されました。その世界を柔らかいタッチの絵が温かく表現しています。たくさんの子どもたちに、ミチくんの誕生日の物語を楽しんでもらいたいと思います。(店主)


ゆきのたんじょうび(こどものとも2022年12月号)

片山令子 文

岡田千晶 絵


福音館書店

2022年12月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

2022年11月11日金曜日

【本の紹介】ゆきかきでんしゃ(ちいさなかがくのとも2022年12月号)




 雪かきをする路面電車の活躍を描いた絵本です。冬になれば毎日のように雪が降る街で、人々の穏やかな生活を守っています。

 路面電車の駅からお話が始まります。雪が降りはじめました。いつの間にか線路は雪に埋まり、これでは電車が走れなくなってしまいます。

 そこに颯爽と登場したのは「ゆきかきでんしゃ」です。前後に大きな竹製のブラシがついています。電車が進む方向のブラシをぐるぐる回し、線路に積もった雪を跳ね飛ばします。

 ゆきかきでんしゃは、隣の自動車や停留所にいる人に雪をかけないように気を配ります。力強い姿の一方で、とても優しい一面も併せ持つゆきかきでんしゃ。北の街で多くの人たちに愛されている存在です。(店主)


ゆきかきでんしゃ(ちいさなかがくのとも2022年12月号)

鈴木周作 さく


福音館書店

2022年12月1日発行

定価440円(本体400円+税10%)

【ご案内】子どもの本のろうどく会 vol.11

   くわのみ書房は「子どもの本のろうどく会 vol.11」を開催します。くわのみ書房のスタッフが「子どもに語る グリムの昔話」シリーズ(こぐま社)の中から選んだお話を声に出して読みます。子どもだけでなく、大人もきっと楽しめます。どなたもお気軽にご参加ください。 ■日 時:202...